りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

新宿末廣亭12月下席夜の部

12/28(木)、新宿末廣亭12月下席夜の部に行ってきた。


・ダーク広和 マジック
・錦平「寝床」
・歌之介「お父さんのハンディ」
~仲入り~
・蔵之助「ぜんざい公社」
笑組 漫才
・小袁治「長短」
・一朝「厳流島」
・正楽 紙切り
・今松「芝浜」


蔵之助師匠「ぜんざい公社」
楽しみにしていた蔵之助師匠、「ぜんざい公社」で残念…。この噺、好きじゃないんだよなー。
独自のギャグは面白かったけど、でも違う噺が聞きたかった。


小袁治師匠「長短」
長さんがことさらゆーっくり喋ったりするわけじゃないけど気の長いのが伝わってくるし、二人の仲のいいのも伝わってくる。
楽しかった。


一朝師匠「厳流島」
一朝師匠の「厳流島」大好き。船頭さんがいいなぁ。
リズム感がよくて明るくて軽くて最高。


今松師匠「芝浜」
とても自然で芝居っぽいところやいやらしいところが全くなくてでも最後まで聞いて「ああ、本当にいいものを見た…」と思える「芝浜」だった。
お酒が好きで仕事に支障をきたしてしまうところなんかもとてもリアルで、おかみさんもいたって普通のおかみさんで、それでも出入り禁止にしていたお得意さんが、「これからは本当に心を入れ替えて…」とやってきたのを厳しく「だめだよ。帰りなよ」と追い払うのに、持ってきた魚を見て「お、ちょっと見せてみな。ああ、いいねぇ。こういうのを持ってこないんだよなぁ、他の魚屋は」と言うところ。なんかぐっときた。

大みそか、お湯から帰ってきて畳が新しいのに気が付いて、しみじみ今の幸せを噛みしめるところ。
おかみさんから酒を勧められて心底嬉しそうにするところ。
なのに口をつけようとして、はっとしてやめるところ。
普通の人の普通の生活がとても貴くて美しいんだなぁと感じた。すばらしかった。

これが私の落語納め。最高。