りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

池袋演芸場8月下席昼の部

8/25(木)、池袋演芸場8月下席昼の部に行ってきた。

・一花「堀の内」
・やなぎ「自由が丘由来」
・燕弥「つる」
・さん助「夏泥」
・ニックス 漫才
・金馬「蟇の油」
・菊志ん「初音の鼓」
~仲入~
・ひろ木「熊の皮」
・琴柳「小松屋鶴吉(上)」
・仙三郎社中 太神楽
・三三「居残り佐平次

一花さん「堀の内」
スピードがあって明るくて面白い!一花さんどんどん面白くなってきてるぞう。

 

やなぎさん「自由が丘由来」
噺自体がちょっとうーん…。

 

さん助師匠「夏泥」
この男、明らかに泥棒にたかってるんだけど、不思議と嫌な感じがないのはなんでだろう。
楽しい。

 

菊志ん師匠「初音の鼓」
鼓を打つ回数がどんどん多くなってきて道具屋が「確かめすぎ!」と言ったのがおかしかった。

 

ひろ木さん「熊の皮」
不安を誘うまくら(笑)からの「熊の皮」だったんだけど、その危うさがこの噺にはあってて意外にも(失礼!)面白かった。

 

三三師匠「居残り佐平次
三三師匠は前方の人や噺を取り入れるのがうまいなぁ。佐平次がお座敷に出るシーンでひろ木さんの危うさを口にしたのには笑った。