りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

鈴本演芸場6月中席夜の部

6/19(金)、鈴本演芸場6月中席夜の部に行ってきた。

喬太郎「夜の慣用句」
・文左衛門「笠碁」
〜仲入り〜
・ホームラン 漫才
・燕路「やかんなめ」
・夢葉 マジック
・さん助「こんにゃく問答」

喬太郎師匠「夜の慣用句」
一時期喬太郎師匠を追いかけていた頃は、「夜の慣用句」に当たると「ああ、またこれか」とがっかりしたこともあった…(すみません)。
でも今はうれしい。ほんと、ファンって勝手なものですね…。
そんな私の気持ちを見透かしたかのように「今お客さんの中に、またこれかと思った人がいますね」と言う喬太郎師匠。きゃ〜。

燕路師匠「やかんなめ」
燕路師匠もほんとに毎日違う噺をしてくれてうれしい〜。まくらは見事に毎日いっしょだったけど(笑)。
女中に「お助け下さい」言われて張り切る侍がとても素敵。「あいわかった!みなまで言うな!」その繰り返しに笑ってしまう。

さん助師匠「こんにゃく問答」
さん助師匠の「こんにゃく問答」はお披露目の時に見ているんだけど、似合ってるなぁ(笑)。そしてお坊さんに間違えられたまくらが効いている。
問答を申し込まれて逃げ出そうとして寺の道具を道具屋に売ろうとすると「あれは村のもんだ」と止められて、じゃよそうというのは初めて見た。

面白かったけど、ちょっとさん助師匠お疲れ気味?
さすがにこれだけ毎日通っていると、なんとなく調子の良しあしもわかるようになるのだな…。