りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

鈴本演芸場3月中席夜の部 三遊亭ときん・真打昇進襲名披露興行

 3/23(木)鈴本演芸場3月中席夜の部「三遊亭ときん・真打昇進襲名披露興行」に行ってきた。
 
・にゃん子・金魚 漫才
・さん喬「替り目」
・一朝「宗論」
・仙三郎社中 太神楽
・金馬「長屋の花見
・市馬「時そば
~仲入り~
・真打昇進襲名披露口上(玉の輔、扇遊、ときん、金時、金馬、市馬)
・玉の輔「マキシムドのん兵衛」
・扇遊「手紙無筆」
・正楽 紙切り
・ときん「試し酒」
 
さん喬師匠「替り目」
酔っ払いがそんなにたちが悪くなくてわりと物静かで、他の噺家さんがやっている「替り目」と印象が違う。
こういうちょっと寒い夜にぴったり。よかった。

 一朝師匠「宗論」
落語のことですのでお怒りになりませぬようにと前置きをして「宗論」。えええー?一朝師匠が「宗論」?!しかも玉の輔師匠がよくやってるような「宗論」で、一朝師匠の口から「いまどき、白百合学園にも…」のクスグリが飛び出そうとは!
すごくばかばかしくて面白かった。


金馬師匠「長屋の花見
どこか他の人と違う長屋の花見
ちょっとでも景気のいいことを言うと喜ぶ大家さんがかわいらしい。

 

市馬師匠「時そば
最初のおそばが本当においしそう~。まだ寒さが残るこんな日に、花見と時そばが両方かかる楽しさ。


真打昇進襲名披露口上(玉の輔師匠:司会、扇遊師匠、ときん師匠、金時師匠、金馬師匠、市馬師匠)
自分の師匠と大師匠がお披露目の口上にあがってくれるってほんとにすごいことだよなぁ。
市馬師匠が「真打に上がる時にこんなにうれしいことはない。これもひとえに金馬師匠が丈夫で長持ちだから」とおっしゃっていたけど、ほんとにそうだよなぁ…。

久しぶりに鈴本のお披露目に来たけれど、緊張感があって温かい雰囲気でとてもよかった。感動。


ときん師匠「試し酒」
出てくる前に楽屋から大きな歓声と拍手。こんなふうに送り出してもらえるっていいなぁ。
登場すると今度は客席から大きな拍手と声援が。
最近恒例の撮影タイムには楽屋にいた人たちがぞろぞろと。こういうときにほんとに嬉しそうに出てくる噺家さんや色物さんっていいなぁと思う。

お酒のまくらから「試し酒」。初トリで「試し酒」ってしびれる~。
お酒が好きなときん師匠らしく、豪快な飲みっぷりが見ていて気持ちいい。
おそらく知り合いとかお友だちとか、普段落語を聞きなれてない方たちは固唾をのんで落語の中の勝敗を見守っていて、サゲには「うおお」と驚きの声があがったのが、とても新鮮でよかったなぁ。

楽しかった~。