りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

鈴本演芸場2月下席夜の部

2/27(土)、鈴本演芸場2月下席夜の部に行ってきた。
用事があったので仲入りまで。馬玉師匠ごめんなさい!

・緑助「たらちめ」
・馬久「元犬」
・アサダ二世 マジック
・一朝「雑排」
・歌之介「龍馬列伝」
・ホームラン 漫才
・歌奴「棒鱈」
・さん助「だくだく」

馬久さん「元犬」
前座時代に何回か見ているけど、犬のかわいらしさが前に出てそのころよりぐーんと面白くなってる!

一朝師匠「雑排」
こういうなんてことない噺が面白いんだからたまらない。もういつまでもずーーっと見ていたくなる。
さん助師匠の「雑排」とえらい違いでそれがまたおかしい。

歌奴師匠「棒鱈」
のびやかな声で聴いていて本当に心地いい。噺家って声も大事だよなぁ…。
酔っぱらって性質が悪くなる江戸っ子と田舎侍の対比が楽しい。

さん助師匠「だくだく」
この日は一番前にやたらと演者に話しかけるおじさんがいてそれもちょっと毒気があって歌之介師匠の時にも「オチはなんだ?!」と剣のあるヤジを飛ばしたりして見ていてひやひや…。
さん助師匠のまくらにもいちいち拍手するんだけどそれがなんか嫌味な拍手でいやな気持になりかけたんだけど、さん助師匠が「いやここは拍手いらないですから」「お気遣いなく」と返事をして、なんか和んだ。

まくらが長かったからちょっと端折り気味なのが残念だったけど「だくだく」楽しい!
こういう遊び心、いいなぁ…。