りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

愛に乱暴

愛に乱暴

愛に乱暴

★★★

これは私の、私たちの愛のはずだった―本当に騙したのは、妻か?夫か?やがて、読者も騙される狂乱の純愛。“家庭”にある闇奥。“独り”でいる孤絶。デビュー以来一貫して、「ひとが誰かと繋がること」を突き詰めてきた吉田修一が、かつてない強度で描く女の業火。

嫌な話だなぁ。出ましたよ、吉田修一のダークサイドが。
読んでいるうちに自分も桃子になってだんだん目がつり上がっていくよう。奪ったものはまた奪われる。因果応報と言ってしまえばそれまでだが、桃子も虚ろなら真守も虚ろで気味が悪い。
なのに最後まで読むとなんだかちょっとわかるような気がしてしまう。

誰かを「壊す」ことは案外簡単なことなのだな、と思う。
相手にしない。いないかのように振舞う。大事にしない。顧みない。
これだけのことで夫婦はお互いを壊すことができるし、それまでに築き上げてきたつもりのものも一瞬にしてゼロにしてしまうことができる。
おそろしい。