りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ラブコメ今昔

ラブコメ今昔

ラブコメ今昔

★★★★

乙女だっておっさんだってオタクだって人妻だって、恋がなければ生きてゆけない。ベタ甘ラブに耐性のない方お断り(もしくはこの機会に溺れてみる?)。の最強短編集。

初めて読んだ有川浩作品。
あとがきを読んだら自衛隊ブコメシリーズの第二弾だったのね、これ。
いやぁ…うわさには聞いていたけど…甘〜い。なんとまぁベタというか胸キュンというか。いやはや相当なロマンティストだねこの人は…。

胸キュンなんて書くだけで恥ずかしいわ!って感じなんだけど、でも嫌いではない。
多分読むタイミングにもよるのだろうが、少なくとも今の私は嫌いじゃなかった。面白かった。
殺伐とした気持ちの時に読むとおそらく「けっ!!」という感想になったかもしれないけどね…。ってことは今の私はそれほど殺伐とはしてないということか。ははは…。

自衛官と恋愛なんてとってもミスマッチって気がするけど、読んでみると案外そうでもなく、意外にも萌え〜なんである。(←自分で書いててキモチワルイ。ぞぞぞ…)
どこに萌えなのかといえば、要するにギャップに、なのである。およそ恋愛に遠いところにあるというのが、実はかなりロマンティックなのである。

なんとなくちょっとうまいこと乗せられちゃったなっていう悔しさはあるものの、でもこれはこれでいいんでないかい。
恋愛している時は、誰もがみな主人公ですものね。(←最後の最後までこの妙なテンションで通してしまった…)