りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

年下の男の子

年下の男の子

年下の男の子

★★★★

オススメされて早速読んでしまいましたよー。
いいね、これ。なんでこれが好きってわかったのー?ってちょっと聞きたい。小さな声で。

銘和乳業勤務のわたし(川村晶子)は37歳にしてマンションを購入。契約翌日、新製品の健康ドリンク「モナ」の宣伝用フリーペーパーをめぐってとんでもないトラブルが発生。肝心の価格欄が空白のまま刷り上ってしまったのだ。配布を翌日に控え、徹夜で空白部分にシール貼りをするしかない。担当者のわたしは、ピーアール会社の23歳の社員・児島くんと夜を徹してのシール貼り作業を敢行。なぜか二人は話が合ったのだが……。年齢差14歳のわたしと児島くんの恋はどうなるの? 女優・浅野ゆう子さん絶賛。あなたの恋愛を元気にしてくれるハートウォーミングストーリー。

なんかこの2人が実にいいんだな。
主人公の晶子がなんかとっても等身大だ。よくあるドラマみたいに妙に突っ張っちゃってるできすぎ女ってわけでもなくて、でも仕事はちゃんとがんばってて、それなりにきれいにしてて、でもちょっとオヤジ入っちゃてて、なんかとってもチャーミング。

そんな晶子が14才年下の児島くんに惚れられちゃう。この児島くんがこれまたすごくいいキャラなんだなぁ。
すぐにメールに返信してきたりタメ口になったりっていういかにもイマドキの若者っぽいところもありつつ、妙に気を使ったり遠慮したりするような古風なところもあり。実に気持ちがいいんだ。

なんといっても私がぐっときたのはね。晶子が自分なんかのどこがいいんだ?って児島くんに聞くとね。彼が「ルックス」って言うんだよね。そこがなんかすごくいいなぁって。なんかありえないだろ!って思いながらも、でもなんかそのちょっとありえなさが逆にちょっとリアルに感じられて。

ドラマとかだったら「頑張ってるけどほんとは弱いところが」とかさ、そんなこと言うじゃないですか。でもなんかそういうの、ちょっと違う気がするんだよね。そんな風に誰かのことを好きになるって…まあなくはないけど、それは逆に「そうであってほしい」っていう女側からの視点のような気がするんだ。
それは作者が男だからなのかな。なんか「こういうことがあってほしい」っていう女側から見た物語じゃなくてそこが良かったな。

晶子がぐずぐず葛藤するところもすごーくよくわかる。そりゃそう思うよね、うんうん、わかるわかる。 それだけにラストがちょっとだけ残念だったな。いきなりそれはちょっと飛躍しすぎっていうか、いきなり日曜劇場みたいになっちゃったな、っていうか。ここがもうちょっとリアルだったら文句無く★5つだったんだけどな。
でも爽やかで気持ちがよくてちょっと切ない、ステキな小説でしたわ。感謝感謝。