りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

心臓を貫かれて

心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)

心臓を貫かれて〈上〉 (文春文庫)

心臓を貫かれて〈下〉 (文春文庫)

心臓を貫かれて〈下〉 (文春文庫)

★★★★★
殺人を犯して自ら死刑を望み、実際にユタ州で死刑になった兄ゲイリーを持つフリーライターの弟が書いたノンフィクション。翻訳は村上春樹

なぜ兄は殺人を犯したのか、家族になにがおきていたのか、作者自身も当事者であるため、書くのは相当つらい作業だったと思うが、逆に書かないではいられなかったのかもしれないなあ、とも思った。

子供に対してひどい虐待を繰り返す父母、どんどんすさんでゆくゲイリー。同じような虐待にあいながら、優しさを失わなかった長男フランク。そして一人だけ父の溺愛を受けて、そのために「まともに育った」ことに阻害感を感じている作者マイケル。宗教の問題もかなり密接に絡んでくるため、結構読みづらいところもあった。でもそこを外す事はできなかったんだろうなあ。

マイケルが行方不明になっていた長兄フランクと再会するシーンは、もう涙が止まらなかった。
人間の尊さと邪悪とはなにか、家族とは親とはなにかということをつくづく考えさせられた。