りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

末廣亭9月中席夜の部

9/13(金)、末廣亭9月中席夜の部に行ってきた。

・扇生「無精床」
・正朝「替り目」
・夢葉 マジック
・文生 漫談
・小ゑん「吉田課長」
~仲入り~
・志ん陽「猫の皿」
翁家社中 太神楽
・彦いち「長島の満月」
・木久扇 漫談
・白鳥「実録・鶴の恩返し」
・正楽 紙切り
・きく麿「二つ上の先輩」


扇生師匠「無精床」
きびきびしていて明るくて軽くてすごく楽しい。
好きだななぁ、扇生師匠。好きな噺家さんが多すぎてなかなか行けてないけど、また独演会に行きたいなぁ。


小ゑん師匠「吉田課長」
吉田課長がバッサーっと髪をかきあげるしぐさがおかしい。
とってもデリケートで傷つきやすい吉田課長がチャーミングで、ひたすらおかしいんだけどほんの少し悲哀も感じられて好きだな。


志ん陽師匠「猫の皿」
この位置で「猫の皿」!うれしい。
この噺、大好き。のんびりしていて風景が浮かんできて季節が感じられる。よかった。


きく麿師匠「二つ上の先輩」
大きな拍手に迎えられたきく麿師匠。
なんの噺かなぁとわくわくしていたら「二つ上の先輩」。
「二個上だぞ」とえばったり「仕事と二個上の先輩とどっちが大事なんだよ?仕事がそんな大事かよ?」と言ったり「悩みがあるなら俺に言えよ。俺、顔広いから」と言う先輩。
いったいこれはどういうシチュエーションなんだ?と思っていると、明らかになる3人の年齢。
前半の「ん?ん?」からの後半のどっかんどっかん!がたまらない。緊張と緩和(笑)。
怒涛の怪談話にげらげら笑いどおしだった。楽しい!

最後は立ちあがって寄席の歌。完璧。

 

f:id:mritu47:20190916142050j:plain

寄席の歌、の時間だけ撮影可能。