りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

あるようなないような

あるようなないような

あるようなないような

あるようなないような (中公文庫)

あるようなないような (中公文庫)

★★★★

うつろいゆく季節の匂いが呼びさます懐かしい情景。うつつと幻のあわいをゆるやかに紡ぐ不思議な味わいの第一エッセイ集。

初期の作品ということで、東京日記に比べるとまだ文体が定まっていないような試行錯誤の体があるが、そこがまたファンにはたまらない。
エッセイと言いながら現実と虚構の境界が曖昧で、まさにあるようなないような世界。

読み終わっても川上さんが実際どんな人なのか想像がつかない。
どこを切り取っても作家さんの書いた文章だ。
それなのに活字に憧れたり自分の書いたものより他人の書いたものの方が優れていると感じたりするところが面白い。

何度も読み返したくなるエッセイだ。