りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

狂喜の読み屋

狂喜の読み屋 (散文の時間)

狂喜の読み屋 (散文の時間)

★★★★

町田康伊坂幸太郎筒井康隆から、サリンジャー、ピンチョン、それにあのベストセラーまで。古今東西の文学などなど都甲幸治がおすすめする、とびきりの本ばかりを集めたブックガイド。

前作よりエモーショナル度は低めで論文チックなので、ちょっと私にはむずかしくて、前半は紹介されている本を読みたいという気持ちは沸き上がらなかった。
後半は前作に似た感じだったので、次々読みたくなったが、翻訳されてない作品もあってそれはそれで悔しい、チクショー。

短い文章で感情を排して作品を紹介していて、面白いよー読んでみなよーと薦めているのではなく、あくまでも内を向いてるような印象。書評家じゃないから?なのかな。
かなりストイックに書かれているので、読んでいる側の知力と体力が求められる感じだ。