りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

スリーピング・ドール

スリーピング・ドール

スリーピング・ドール

★★★★★

キャサリン・ダンス―カリフォルニア州捜査局捜査官。人間の所作や表情を読み解く「キネシクス」分析の天才。いかなる嘘も、彼女の眼を逃れることはできない。ある一家を惨殺したカルト指導者ダニエル・ペルが、脱獄、逃走した!捜索チームの指揮をとるのはキャサリン・ダンス捜査官。だが、狡知な頭脳を持つペルは大胆に周到に裏をかき、捜査の手を逃れつづける。鍵を握るのは惨殺事件の唯一の生き残りの少女テレサ。事件について何か秘密を隠しているらしきテレサの心を開かせることができるのは、尋問の天才ダンスしかいない…。ハイスピードで展開される逃亡と追跡。嘘を見破る天才ダンスvs他人をコントロールする天才ペルの頭脳戦。「言葉」を武器に悪と戦うキャサリン・ダンスの活躍を描くジェフリー・ディーヴァーの最新作。ドンデン返しの魔術師の超絶技巧がまたも冴えわたる。

前作「ウォッチメイカー」に登場した、人間嘘発見器キャサリン・ダンスが主役。
正直言って、前作の「ウォッチメイカー」にはそれほど感動しなかったので、そのスピンオフと聞いてもそこまでの期待はなかったのだが、これが期待以上の面白さだった。
スカーペッタシリーズもそうだけど、回を重ねるごとに、主人公の人間性が鼻に付いてきたりして新鮮味が薄れてくるのはいたしかたない。そういう意味で、このスピンオフは新鮮だったなぁ。さすがディーヴァー。決して「守り」には入らないのね。

今回の敵はカルト教団の教祖ダニエル・ペル。ダンスと同じくらい人の心を読み行動をコントロールする頭脳派だ。 脱獄したペルとそれを追うダンスの攻防を中心に、同僚とのチームプレイもあり家族の絆もありロマンスもありで、読者を飽きさせない。
多分普通の小説だったらこれで3冊分ぐらいいけるよね?

やりすぎだとか、物足りないとか、いろいろな感想があるようだけど、私は好きだな。
読んでる間わくわくどきどきして、満員電車の中でも歩いている時でもついついページをめくってしまう。読んでいる間中、楽しかった。

以下ネタバレ。





ディーヴァーのどんでん返しにはもうかなり免疫ができているので、残りページ数で「これだけじゃ終わらないだろうな」と思っていたら、やっぱり…。
やっぱりやりやがりましたね!と思わずにやり。このサービス精神がたまらない。