りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ボートの三人男

ボートの三人男―犬は勘定に入れません (1969年)

ボートの三人男―犬は勘定に入れません (1969年)

★★★★

コニー・ウイリスの「犬は勘定に入れません」を読んだ時から、いつか読んでみたいと思っていた作品。
1889年に書かれたイギリスのユーモア小説?って紹介すればいいのかな。
ジーヴスもそうだけど、イギリスってこういうユーモア小説が盛んだったんだね。

そういえば私が中学生の頃、ハハが出張に行った帰りに「なにかおみやげ買って帰ろうか」って珍しく電話をしてくれた時があって、「じゃ、何か本を買ってきて!」って頼んだことがあったの。
ハハにしてみたらケーキとかおまんじゅうとかそういうものを駅の売店で買えばいいか?なんて思っていたらしく、本と言われて途方にくれたらしいんだな。

今でも覚えているんだけど、その時に買ってきてくれたのが「スターウォーズ」「007」(映画のノヴェライズ)、そして「イギリスユーモア小説集」。
どうやら駅のKIOSKに置いてある数冊の中から、少しは面白そうなもの(かつエロじゃないもの)を苦し紛れに選んだらしい。
その「イギリスユーモア小説集」がね。もう最初から最後まで読んで一度も!ただの一度も!くすりとも笑えなかったの。
「で?」「だからなに?」って感じでね。
でも今思えばあの時読んだユーモア小説には、この「ボートの三人男」とかジーヴスとかに通じるようなユーモアがちりばめられていたのかな、と思ったりしてね…。

なんていうか、優雅なユーモアっていうかそういうのが漂っているんだよね。
ばかばかしかったりおかしかったりでくすって笑えるんだけど、そこはかとなく上品っていうか風流っていうか、そんな感じ。
なかなか面白かった。