りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

サマータイム

サマータイム (新潮文庫)

サマータイム (新潮文庫)

★★★★

佳奈が十二で、ぼくが十一だった夏。どしゃ降りの雨のプール、じたばたもがくような、不思議な泳ぎをする彼に、ぼくは出会った。左腕と父親を失った代わりに、大人びた雰囲気を身につけた彼。そして、ぼくと佳奈。たがいに感電する、不思議な図形。友情じゃなく、もっと特別ななにか。ひりひりして、でも眩しい、あの夏。他者という世界を、素手で発見する一瞬のきらめき。鮮烈なデビュー作。

しゃべれどもしゃべれども」がとても好きだったので、どんどん読んでいこうと思っている佐藤多佳子。これは彼女のデビュー作。
もともとヤングアダルトの作家なんだね。この作品もそのようなテイストだ。ヤングアダルトだから子ども向けだと言ってばかにするつもりはないのだが(ヤングアダルトで好きな作品もたくさんあるし)、これはちょっと物足りなかったかなぁ…。
私はどうやら小さな声で語られる小さな物語、みたいなものを味わう力が不足しているような気がする。

それでも登場人物が生き生きと魅力的できらめきがあって素敵。やっぱり好きだな、この人の小説。