りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

一角獣・多角獣

一角獣・多角獣 (異色作家短篇集)

一角獣・多角獣 (異色作家短篇集)

★★★★★

奇想コレクションのおかげで大好きになったスタージョン
スタージョンに目覚めたのは私だけではなかったらしく、長らく絶版だった「異色作家短編集」が復刊ですよ。
「異色作家」とは何かといえば、SF、ミステリ、怪奇小説、ファンタジィ、純文学、どの枠にも入りきらない作家ですって。うわーーー、これはもう全部読まなければ!

奇想コレクションと重複する小説もいくつか入っていたのだが、そのうちのひとつである「めぐりあい」。あっちでは「シジジイじゃない」とかいうタイトルじゃなかったかな。これがやっぱりすごくいいなぁ。シジジイは他の作品にも出てきて、シジジイっていうのはスタージョンの小説の核にあるモノなんだろうなぁと思う。

不気味で計り知れなくてちょっとユーモラス。ほんとに独特の世界としかいいようがないなぁ。

どれもハズレなしと言える作品ばかりだったが、最後の「考え方」がよかったなぁ。まさに最後を飾るにふさわしい作品。