りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

★★★★

読みましたよー。rさんありがとう。

ううう、うまいねえ、東野圭吾。たんなるミステリー作家じゃないんだよなぁ。人物をちゃんと描けているから、いまの非ミスな私でも夢中になって読めるんだな。

ああ、でもなんでだろう。特にこれといった感想が書けないの‥。
感動した、泣けた。‥それはそうなんだけど、それ以上の感想というのはないんだな‥。なんでだろう。

私はもっとへんてこな小説が好き、ってことなのかも。

と書いて、いややっぱり違うかと思いなおす。
昨日「このミス」に載っていた東野圭吾のインタビューを読んだのだ。
そうしたらそこに、「ミステリーを超えた」と言われるのは本意じゃない。自分は「ミステリーの幅を広げた」と言われたいのだとあったのだ。

ああ、素敵な人だなぁ‥東野圭吾って。
謙虚というか地に足がついているというか。この人の姿勢が大好きだ。

で、やっぱりこれは「ミステリー」なのであって、確かに「物語」として共感できたり感動したりできる部分はあるけれど、そちらがメインなのではないから、私にしたら「面白かった」以上の感想はもてなかったのではないか、と思ったわけであります。