りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

娘たちのための狩りと釣りの手引き

娘たちのための狩りと釣りの手引き (ヴィレッジブックス)

娘たちのための狩りと釣りの手引き (ヴィレッジブックス)

★★★★★
タイトルと表紙(赤いコートを着た女の子が走る後姿)に前から惹かれていて、いつか読みたいと思っていた本。

これは、アウトドアの狩りと釣りの本ではなくて、「男をつかまえる」方法を書いた(!)本なのだ。いかにしてミスター完璧と出会い、結婚するかを書いた「ルールズ」を意識して書かれたこの本は、「ルールズ」とは全く別のメッセージを伝えている。

愛が生まれ、それが消え去っていく瞬間。
愛することと愛されることのむずかしさ。そんなことをこの本は優しくユーモラスに教えてくれている。 主人公ジェーンと28歳年上の大物編集者アーチーのラヴストーリーが、なんともロマンチックで悲しくておかしい。 シーソーのようにお互いの気持ちのバランスが変わったり、燃え上がったり、急に冷めたり。小さなエピソードに笑ったりちょっと泣いたり。 軽い語り口だけど、心打たれるシーンもいくつもあって、よかった〜。