りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

嘘をもうひとつだけ

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)

★★★★
加賀刑事が活躍する短編集。

完璧に見える犯罪を、次々に暴いていく加賀刑事と、なんとかそれをかわそうとする容疑者の攻防。

うまくついたつもりの嘘が決定的なミスになる。
犯人の語る言葉の中から事件の鍵を読み取るという、面白い試み。

ミステリーの短編ってあんまり面白いものがないように思うけど、東野圭吾の短編ははずれが少ないと思う。