りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

レベル7(セブン)

レベル7(セブン) (新潮文庫)

レベル7(セブン) (新潮文庫)

★★★★
これは、ある女子高校生の失踪事件をきっかけに、彼女を助けだそうと調査に乗り出す中年女性、記憶を失った状態でマンションの一室で正気を取り戻した男女、彼らを助ける隣室の謎の男、それぞれの物語を書きつつ、それらが一本の線で結ばれてゆき、、という、宮部みゆきお得意の(?)形式で書かれた作品。

誰が味方で誰が敵なのか。最後までどきどき。
描写が細やかで、登場人物が非常にいきいきしていて、希望を感じさせるラスト、、。うーん、うまいなあ、宮部みゆき