りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

まひるの散歩

まひるの散歩 (新潮文庫)

まひるの散歩 (新潮文庫)

★★★★

ある日には他人のごはんブログに夢中になり、ハイレベルなお呼ばれ料理に驚いたりへこんだり。またある日には、果物大好きと言えない理由にはたと気付き、妻の料理自慢をする夫の心のうちに思いをはせる。つくって、食べて、考える。『よなかの散歩』に続き、小説家カクタさんが、毎日きちんとごはんの時間がやってくるうれしさをつづる、食の味わいエッセイ第2弾。写メも満載!

角田さんのエッセイはいつでも安定の面白さ。
面白いけどあざとくないからいつ読んでも素直にふふふと笑える。
そして時々笑ってしまうほど自分と似たところがあって(せっかち、捨てられない、買える上限の金額がやけに庶民、行き当たりばったり…)友だちになりたくなってしまうんだなぁ。 楽しい。