りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

叫びと祈り

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)

★★★★★

アマゾンくんがイチオシで薦めてくるので読んでみた。

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第五回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理誕生。大型新人の鮮烈なデビュー作。

連作短編という形をとって語られるのは、世界各国を旅するジャーナリスト斉木が出会う、さまざまな謎。
砂漠を行くキャラバンだったり、スペインの風車で消えた恋人だったり、ロシアの修道院の聖人だったり…。
ものすごく非日常的なシチュエーションなんだけど、謎のスケールは小さいっていうかシンプルっていうか。なんかそのアンバランスさが今までにない感じ。

ものすごく期待して読んだので、ちょっと期待はずれだったかなぁ…と思っていたんだけど、最後の章を読んで、「ああ、これはヤラレた…」と。
この章がすごくいい。これがあって、このタイトル。私はすごく好みだったなー。

これがデビュー作というんだから驚く。次回作も絶対読む!