りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ああ、なんて素晴らしい!

ああ、なんて素晴らしい!

ああ、なんて素晴らしい!

ママの親友だったはずの女に大富豪のパパを奪われ、家庭は崩壊!寄宿学校で待っていたのは、おかしなヤツばかり。僕はイジメに走り、ドラッグを覚え、本当にダメになりかけたんだ…話題の雑誌「McSweeney’s」の辣腕編集者がくぐり抜けた青春の夢と悪夢を描く自伝。

表紙と帯(村上春樹推薦!)に惹かれて読んでみたんだけど、ああ、なんて素晴らしくない…!
だめだった…私には全然面白いと思えなかった…。パパもママもディディもぞっとするほど嫌いだし、なによりこの本を書いてるあなたが嫌い…。
これがフィクションならもう少し面白かったかもしれないけど、自伝っていうのは基本的にその人のことを面白いとか好きになれないとぜんぜん楽しめないものなのですね。
村上さんもいくら作者がハルキストだからって推薦するなよ…。あ、いや、私にはわからない面白さやすばらしさを村上さんはきちんと読み取っていたのかもしれないけどさ…。

って、あくまでも私の個人的なシュミに合わなかったってだけなので。
すみません。