りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

石のハート 新潮クレストブックス

石のハート 新潮クレストブックス

石のハート 新潮クレストブックス

★★★★★

12歳の時に家族すべてを失った少女エレン。30年たって彼女は惨劇のあった家に戻り、一人過去と対峙する。
クレストブックは後ろのコピーがものすごくうまいと思うんだけど、この本には大きな字で「お母さん、どうしてなの?」とある。この言葉が読んでいる間中心の中に響いてきて痛かった…。

妊娠して一人で家に戻ったエレンの現在と、彼女が回想する過去と、第三者の目で語られる過去、この3つを軸に展開していく。
12歳のエレンは聡明で早熟な少女。彼女はなんとかして家族の絆であろうとし、自分が家族の崩壊を食い止めなければと必死にがんばるのだが、家族の中で彼女ができることはほとんどないのだ。その無力感と罪悪感。それが痛いほど伝わってきて、泣けて泣けてしょうがなかった。

ショッキングな内容なんだけど、とても淡々と冷静に描かれているので、やりすぎな感じがしない。冷めた文章にものすごい説得力と迫力があって圧倒される。

そして読んでいて、昔であれば間違いなく少女時代のエレンに感情移入したと思うのだが、今の私は母マルヒェに感情移入してしまい、自分でもびっくり…。いや感情移入とはまた違うか。ただ自分は今はもう12歳のエレンではなくマルヒェなのだということに気がついたと言おうか。

家族の中で子供というのは圧倒的に弱者だ。親に支配されているし、親次第で幸せにも不幸にもなるのだ。ここまで極端でなくても、私が怒ったり根に持ったりすることで、どれだけ家の中の雰囲気が悪くなることか。

それはしつけなのか?憂さ晴らしじゃないのか?ちょうど自分が子どもに対して腹を立てて感情のままに怒った直後にこの小説を読んだので、ものすごく恥ずかしくなったし恐ろしくもなった。

すごい小説を書く人だなぁ。もっとほかに翻訳されてないんだろうか。オランダの作家ってほとんど今まで読んだことがなかったけど、興味が沸いてきた。