りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

名探偵の掟

名探偵の掟 (講談社文庫)

名探偵の掟 (講談社文庫)

★★★★
名探偵天下一大五郎と大河原番三警部が「密室トリック」「意外な犯人」「閉ざされた空間」「ダイイングメッセージ」など、ミステリーのあらゆる掟に挑戦する短編集。

天下一大五郎と大河原番三警部は、金田一耕助と等々力警部をパロっているようである。

とにかくおかしい!電車の中で読んでいて、なんども、「くっ」っと吹き出してしまって、笑いをこらえるのが大変。

ミステリーをおちょくる作品は数あれど、現役ばりばりミステリー作家が自分の仕事をちゃかしてこんなものを書くっていうのは、、、。いやあ、やるなあ東野圭吾

ミステリー好きが読んだら、思わず、「そうそう!」「でもそれは言わない約束でしょ!」といいたくなるような記述が満載。

とくに私のように、横溝正史ファンにはたまらない。笑いのつぼを押されて、へなへな〜。