りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

どちらかが彼女を殺した

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

★★★
これは容疑者が2人いて、どちらも同じくらい怪しくてどちらも自分はやっていないと言っている中で、読者が犯人を推理するという作品。最後まで読んでも犯人がわからない。

私は最後まで読んでも犯人がはっきりわからずに、まわりの人間に貸しまくってみんなの意見を聞いて一応納得の推理を得たよ。

やるなあ、東野圭吾。容疑者が3人というやつもいつかは読んでみたいわ。