りつこの読書と落語メモ

読んだ本と行った落語のメモ

2018-01-07から1日間の記事一覧

ドレス

「ドレス」(藤原可織) 愛しかったはずの誰かや確かな記憶を失い、見知らぬ場所にやって来た彼女たちの物語。文学と奇想の垣根を軽やかに超える8編。 ★★★★ わかりあえないんだけどそのことすらもうどうでもいいような、自分が見たいものしか見ないと決めて…