りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間

 

うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間
 

 ★★★★★

『ふざけんな、ふざけんな、みんないい思いしやがって』空前の藤井フィーバーに沸く将棋界、突然の休場を余儀なくされた羽生世代の棋士うつ病回復末期の“患者”がリハビリを兼ねて綴った世にも珍しい手記。 

鬱状態鬱病とは全く別物であることがよく分かった。気持ちの問題なんかではない脳の病気。

なったばかりの頃や入院していた時、退院したばかりの頃、徐々に回復してきた頃、と自分の状態や気持ちの動きを分かりやすい言葉で書いてあって、読んでいて何度も泣いてしまった。
回復するにしたがってもともとの性格が顔を出してくるのもリアルだった。
きっとこの方はもともと自信と意欲に満ちた人なんだろうと思う。好き嫌いが激しくて激情家。
そんな人だって鬱病になったらホームに吸い込まれそうになる、朝起き上がることすらできなくなる。

誰でもなる可能性がある病気だけれど誰もが治すための治癒力を持っている、という言葉が胸を打つ。

とても面白かった。