りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ランチ酒

 

ランチ酒

ランチ酒

 

 ★★★★

犬森祥子の職業は「見守り屋」だ。営業時間は夜から朝まで。ワケありの客から依頼が入ると、人やペットなど、とにかく頼まれたものを寝ずの番で見守る。そんな祥子の唯一の贅沢は、仕事を終えた後の晩酌ならぬ「ランチ酒」。孤独を抱えて生きる客に思いを馳せ、離れて暮らす娘の幸せを願いながら、つかの間、最高のランチと酒に癒される。すれ違いのステーキとサングリア、怒りのから揚げ丼とハイボール、懐かしのオムライスと日本酒、別れの予感のアジフライと生ビール…今日も昼どき、最高のランチと至福の一杯!心を癒し、胃袋を刺激する絶品小説。 

 女性版&飲める人向き「孤独のグルメ」のような作品で、これが楽しくないはずがない!

孤独のグルメ」の方はお仕事はランチの場所を見つけるための移動という位置づけっぽいが(失礼?)、こちらは見守り屋というお仕事と主人公自身の家庭の問題もきちんと語られていてそのバランスがとてもよい。

こんな風にきちんと人と対峙することができて、食べることと飲むことも楽しめる主人公が結婚相手+義父母とうまくいかなかった、というのも…人生簡単ではないよねぇと思う。

個人的には飲み方のほどがよくて尊敬!(あとひき上戸じゃないのよね…)
続編もあるとのことなので楽しみ。