りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

傑作はまだ

 

傑作はまだ

傑作はまだ

 

 ★★

「実の父親に言うのはおかしいけど、やっぱりはじめましてで、いいんだよね?」そこそこ売れている引きこもりの作家・加賀野の元へ、生まれてから一度も会ったことのない25歳の息子・智が突然訪ねてきた。月十万円の養育費を振込むと、息子の写真が一枚届く。それが唯一の関わりだった二人。真意を測りかね戸惑う加賀野だが、「しばらく住ませて」と言う智に押し切られ、初対面の息子と同居生活を送ることに―。孤独に慣れ切った世間知らずな父と、近所付き合いも完璧にこなす健やかすぎる息子、血のつながりしかない二人は家族になれるのか?その「答え」を知るとき、温かく優しい涙が溢れ出す。笑って泣ける父と子の再生の物語。 

読みやすかったしハートフルなんだけど、へー…という以外の感想がなく…。
なにかこう…薄っぺらに感じてしまう。
私には合わないみたいだな、この作家さんは。