りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

横浜にぎわい寄席

11/2(土)、横浜にぎわい寄席に行ってきた。

・こう治「やかん」
・昇輔「万病円」
・東京ガールズ
・勢朝「紀州
~仲入り~
・さん助「磯の鮑」
・翁家喜楽・喜乃 太神楽
・歌春「加賀の千代」

 

昇輔さん「万病円」
まくらも落語もふわっと面白かった!どっと鯉さんの時に一度見ているけど、その時もなんか面白いなと思ってたんだな。


さん助師匠「磯の鮑」
芸協だと小痴楽師匠(そうか、もう師匠なんだ!)でよく聞いていたけど、落語協会で聴くことはめったにないイメージ。と思ってこのブログを検索したら小里ん師匠で二回聞いてた!
さらに明らか「鮑のし」なのに「磯の鮑」って書いちゃってる記事も見つけてしまった。
私、思い込みが激しいからなぁ…(恥)。

さん助師匠の「磯の鮑」は、与太郎もそんなにバカっぽくなくて、「女郎買いの師匠」もふわっと優しくて、与太郎の相手をする花魁もそれほど与太郎を気持ち悪がらない。
なんとなくふわふわっとした優しさがあってなんか好きだった。


翁家喜楽・喜乃 太神楽
ひやっとする場面があってドキドキした。
全く何の心配もせず見られる太神楽って実はほんとにすごいことなんだな、と改めて。