りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

八人の招待客 (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)

 

八人の招待客 (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)

八人の招待客 (海外ミステリ叢書《奇想天外の本棚》)

 

 ★★★★

数あるクェンティンの作品から最も入手困難な中編二本立て!『そして誰もいなくなった』へと繋がる先行作とも噂される「八人の中の一人」そして「八人の招待客」は、ともに本格趣味の横溢する逸品! 

古き良き時代のミステリーって感じ。登場人物が少なくて場面が動かなくて…昔のNHKの海外ドラマを見てるみたい。あるいは劇。

安心して読める。楽しめる。
最近全然本を読んでなくて何がいいかわらない、読みやすい本を読みたいな、という人におすすめ。

なんか久しぶりにこういうの読んだな。楽しかった。