りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

待ち遠しい

 

待ち遠しい

待ち遠しい

 

 ★★★★★

住み心地のいい離れの一軒家で一人暮らしを続ける北川春子39歳。母屋に越してきた夫を亡くしたばかりの63歳、青木ゆかり。裏手の家に暮らす新婚の現実的な今どきの新婚25歳、遠藤沙希。年代も性格もまったく異なる3人の出会いから始まった、温かく、どこか噛み合わない“ご近所付き合い”、その行方は―。芥川賞作家の新たな代表作! 

面白かった!

主人公の春子は39歳独身。新しく大家さんになった63歳の未亡人ゆかり、同じ敷地に住むゆかりの甥の嫁の沙希25歳。おせっかいなゆかりに引きずられてこの3人で一緒にご飯を食べたり旅行にまで行くようになるのだが…。

結婚して子どもを持つことが当たり前、という価値観なんか今どき古いと思うけれど、若い人でも沙希のようにそういう価値観で凝り固まっている人もいるのだな。
結婚してたって子どもを産んだって、結局は一人なのにね。

世代も価値観も違う人間同士って付き合うのは難しい。
特に沙希のような人と話をすると疲弊するのが分かるから私だったら絶対避けるなぁ。最近ほんとに自分と価値観が似ている人や分かり合える人としか付き合わなくなった私からすると、春子は太いなぁ…という印象を受ける。

「女は生きるのがうまくていいな」という上司の呟きに、殴ってやりたい気持ちに駆られたが、男も女も家族持ちも独身も、生きるしんどさは同じなのだから分かり合えたらいいのにねと思う。