りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

三体

 

三体

三体

 

 ★★★★★

物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。そこでは、人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた。数十年後。ナノテク素材の研究者・汪森(ワン・ミャオ)は、ある会議に招集され、世界的な科学者が次々に自殺している事実を告げられる。その陰に見え隠れする学術団体“科学フロンティア”への潜入を引き受けた彼を、科学的にありえない怪現象“ゴースト・カウントダウン”が襲う。そして汪森が入り込む、三つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?本書に始まる“三体”三部作は、本国版が合計2100万部、英訳版が100万部以上の売上を記録。翻訳書として、またアジア圏の作品として初のヒューゴー賞長篇部門に輝いた、現代中国最大のヒット作。 

 文化大革命から始まったのにも驚いたけど、ゲームから現実へのいきなりの飛躍、物理学や天文学のこれでもかという記述に「ひぃーー。私には理解できないかもー」と腰が引けるも、後半になってからの展開にはワクワクドキドキしてページをめくる手が止まらず、結果的には楽しく読んだ。
正統派SFにエンタメ要素をぎっしり盛り込んだ作品、という印象。

それにしてもこれがベストセラー、アメリカ、日本でも話題!ってすごい。
やっぱり本を読む人というのは一定数いて、力のある物語には吸引力があるんだなぁ。

これが第一部ということで二部三部もあるというので楽しみ!