りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

アーモンド

 

アーモンド

アーモンド

 

 ★★★★★

扁桃体(アーモンド)が人より小さく、怒りや恐怖を感じることができない十六歳のユンジェは、目の前で家族が通り魔に襲われたときも、無表情で見つめているだけだった。そんな彼の前に、もう一人の“怪物”が現れて……。「わが子が期待とは全く違う姿に成長したとしても、変わることなく愛情を注げるか」――出産時に芽生えた著者自身の問いをもとに誕生した、喪失と再生、そして成長の物語。 

失感情症で怒りや恐怖を感じることができないユンジェ。母と祖母の愛情をたっぷり受けて育つが、ある日家族に悲劇が訪れる。
一方、幼いころ親とはぐれ手の付けられない不良になったゴニ。
「怪物」と呼ばれる二人の少年が出会い、火の玉のようなゴニはユンジェにどうしようもなく惹きつけられていく…。

感情や共感は大事なことだと今まで思って生きてきたけれど決してそうとばかりも言えないのかもしれない。自分の感情を過信しているとどうしても自分の見たいようにしか人を見ることができない、自分が望むような反応をしない人を排除してしまう、そういう面もあるのかもしれない。
感情を持たないはずのユンジェがこんな風に優しいのは、受けてきた愛が彼の心にちゃんと栄養として積み重なっていったからなのかもしれない。

人間たらしめているものはなんなのかという問いに答える作品でもあり、少年の成長の物語でもある。面白かった。 

それにしても韓国文学の面白いことよ。
いろいろな小説がこうして次々翻訳されて読むことができるのは至福だ。