りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

愛が嫌い

 

愛が嫌い

愛が嫌い

 

 ★★★★★

日常の中にも、一瞬先のカタストロフ。自我の輪郭があやふやなぼくは、愛と生活を取り戻せるのだろうか。交錯する優しい感情。新しい関係の萌芽を描く、パラレル私小説3部作。芥川賞作家の新境地。 

わわ、なんだこれは。ちょっと今まで読んだことのない感じ…。「うわっわかるっ」と親し気に腕をつかんだものの、「あっやっぱわかってなかったかも」とそっと離す感じ。
人間をフラットに全く別の視点から見ようとしているような…でもそれが奇をてらっていなくて…自分にも覚えがある部分…身につまされるところがたくさんあって、心地よさと居心地の悪さ、両方がある読後感。

「しずけさ」「愛が嫌い」「生きるからだ」どれもよかった。100%分かり合えているわけではないけど少しの間だけそばにいる。そんな薄い関係も、誰かを少しだけ救っているかもしれない。

他の作品も読んでみよう。