りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

三つ編み

 

三つ編み

三つ編み

 

 ★★★★★

3つの大陸、3人の女性、3通りの人生。唯一重なるのは、自分の意志を貫く勇気。インド。不可触民のスミタは、娘を学校に通わせ、悲惨な生活から抜け出せるよう力を尽くしたが、その願いは断ち切られる。イタリア。家族経営の毛髪加工会社で働くジュリアは父の事故を機に、倒産寸前の会社をまかされる。お金持ちとの望まぬ結婚が解決策だと母は言うが…。カナダ。シングルマザーの弁護士サラは女性初のトップの座を目前にして、癌の告知を受ける。それを知った同僚たちの態度は様変わりし…。3人が運命と闘うことを選んだとき、美しい髪をたどってつながるはずのない物語が交差する。文学賞8冠達成!全国図書館協会賞、グローブ・ドゥ・クリスタル賞(文学部門)、「ルレイ」旅する読者賞、女性経済人の文学賞ユリシーズ賞(デビュー小説部門)、フランス・ゾンタクラブ賞、全国医療施設内図書館連盟賞、ドミティス文学賞。 

インドで不可触民として生まれ、夫と娘とともに生きているスミタ、イタリアの毛髪加工工場で働くジュリア、カナダのエリート弁護士サラ。この3人の物語が本当に三つ編みを編むように繋がって行く。

それぞれ過酷な状況に追い込まれて打ちのめされるが、彼女たちはそこで終わらない。どん底から立ち上がる彼女たちがそれぞれしなやかな強さを持っているところも好きだが、彼女たちの周りにいる男性が画一的に描かれてないところがとてもいい。
希望を捨てないこと。大切な人と大切な場所を守ること。私にもこんな生き方ができるだろうか。

素晴らしい作品だった。