りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ファーストラヴ

 

ファーストラヴ

ファーストラヴ

 

 ★★★★

◆第159回直木賞受賞作◆

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。
彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。
環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。
環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。
なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。
そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは?
「家族」という名の迷宮を描く長編小説。

 島本さんの小説には性的虐待や淡い想いを抱いていた人からのレイプが描かれることがあったので、そういう意味でこれはそういう問題に真正面から向き合った作品なのだと思う。

父親を刺殺したとして逮捕された環菜だけでなく、主人公の臨床心理士・由紀自身も秘密を抱えているようで読んでいて不安にかられたが、最後まで読んで少しほっとした。

それにしてもここに出てくる父親や母親の気味の悪いことよ…。子どもを守るべき親が子供をずたずたに傷つけるような行為を強いることにも怒りを感じるが、それを見て見ぬふりされたり「それぐらいのこと」と母親に断罪されるのは、実際にされた行為と同じくらい辛いことだ。

彼女が自分の言葉で語り始めたこと。ちゃんとその言葉を受け止める気持ちのある大人に出会えたことにほんの少しの希望を感じる。