りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

雲助・白酒親子会

文京シビックホールで行われた「雲助・白酒親子会」に行ってきた。

・こはく「たらちね」
・白酒「お茶汲み」
・雲助「千両みかん」
~仲入り~
・雲助「夏泥」
・白酒「笠碁」

こはくさん「たらちね」
今楽屋ではどちらがトリをとるかの話し合い…押し付け合いが行われています、とこはくさん。
みなさん、プログラムを信用しちゃいけません。プログラムでは雲助師匠がトリになっていますが、トリであられが出てくる恐れもあります。
それから今話題の「闇営業」ですけど…我々落語家は落語協会という協会には所属していますが基本は個人で仕事を頂いているので全部が闇営業みたいなもので…あと、時々協会からお仕事をいただくこともあってその時の方が金額が…怪しかったりして…そっちの仕事の方がむしろ闇営業っぽいこともあります。

…ぶわははは!いつの間にこはくさんこんなにこなれたまくらをやるように?
白酒師匠のお弟子さんらしく毒気もあるのが面白い。
その後に「なにより不思議なのはご夫婦の縁」と全く関係のないまくらを振ったので会場が笑いに包まれたのだが、物ともせずそのまま推し進めたのもおかしかった。
堂々とした「たらちね」。
そういえば私はこはくさん…前座時代ははまぐりさんの初高座を見たことがあったので、あの時のさわやかハンサムが今ではこんなに堂々と…と感慨深かった。


白酒師匠「お茶汲み」
自分が噺家になって何が寂しいってもうお客には戻れないこと。
一度でいいからまた客席にまわって、アンケートにくそみそに書いてみたい。
寄席というのは噺家にとっては大変勉強になる場所で…というのは例えば浅草でトリをとったりするとあそこは昼夜入れ替えなしなので、たいていのネタは出てしまっている。さらに同じ噺じゃなくても付かない噺をしないと、中には昼からぶっ通しでいるお客様もいるので「それはさっき聞いたよ」と言われてしまう。
この昼夜でいるお客様。それもなんにもすることがなくて家にいられないから来てる年配のお客様はまだいいんです。そういう方は入るなり寝ますから。毎日来てても邪魔にならない。むしろ来ないと楽屋でみんなが心配する。
でも毎日来て昼夜いて真剣に聞くお客様というのが時々いる。こういうお客様は楽屋ですこぶる評判が悪いです。
私も素人の時に昼夜通しをやろうとしたことがありましたけど、昼の部が終わった時点ですでにへろへろ。夜の部のトリは志ん朝だったけど、もうそんなもんはいいんだ!帰らせてくれ!ってなりました。

…ぶわはははは。すみませんね。昼夜通しでいて真剣に聞いてる客で。
別に評論家面してやろうとかそういうつもりは全くないんです。ただちゃんと聞かないともったいないような気がしちゃうっていうか、せっかくだからなんの噺をしたとか、この人は好きだけどこの人は苦手とか、そういうのを把握したいだけなんです。貧乏性っていうか凝り性っていうかオタクっていうかそういう気質なんです。だからそんなに目の敵にしないで~。

それから闇営業の話になって、楽屋でも「おいしい仕事だった」という話は喜ばれません。
時々楽屋にお客様が差し入れを持ってきてくれることがあったりしますけど、これが女性だったりすると大変。本人も「ええとあれは叔母さんの母親です」って…え?なにそれ?わけわからない。これがまたきれいな女性だったりするともう何を言ってもだめ。「あいつは不倫してる」なんて変な噂を立てられちゃう。
楽屋で喜ばれるのは失敗談。寄席のある所っていうのは怪しげな店も多い。そういう店に行ってひどい目にあったなんていう話は誰がしても喜ばれる。あの志ん朝師匠でさえも、そういう話をしてると「おや?なんだい?」って鼻の穴を膨らませて身を乗り出してきた。
地方の仕事のお供に行ったりすると打ち上げの後に「若い人はまだ飲み足りないだろう。これで飲んでおいで」とお金をくださる。これをもらってただ飲みに行っちゃいけない。酷い店に行ってひどい目にあって次の日師匠を喜ばせなくちゃいけない。
だから客引きのお兄さんに「ここらへんで危ない店どこかない?」「え?うち以外でですか?」。
で次の日に「いやぁひどい目にあいましたよ」と話すともう大喜びされてもう一万円いただけたりする。


そんなまくらから「お茶汲み」。
いやもう楽しい楽しい。吉原でもてたという話を聞かされて「なんだよのろけかよ!」と途中で何度も遮る男を「まぁまぁ最後まで聞いてくれよ」。
まくらが効いていて、だまされたふりをして楽しむ男と、それを聞いて自分もわくわくとだましに(だまされに?)行く男。
二度目に来た男の身の上話を聞いて「あー、はいはい」としらけた花魁の反応からサゲへの流れがすばらしい。楽しかった!


雲助師匠「千両みかん」
親子会というと本当の親子だと勘違いする方もいらっしゃいますが、そうじゃありません。師匠と弟子の会を親子会と言うわけで、この親子会というのは大変ありがたい。なぜなら「トリはお前がやれ」と言って逆らわれる心配がないですから。
そう言って「千両みかん」。
おおお。雲助師匠の「千両みかん」は初めて!ああ、でも…龍玉師匠の「千両みかん」はきっと雲助師匠から教わったんだろう。
みかん問屋が関西弁なのも、最初に「このみかんは差し上げます」と言うのも同じ。
龍玉師匠のを聞いた時に、あんまり聞かない形だな、と思ったのを覚えているので、なんか答え合わせができたようでうれしい。
番頭さんがおっちょこちょいなのが最初にも最後にも伝わってきてなんとも憎めない。
磔の様子を微に入り細に入り説明されて震えあがる番頭さんが気の毒だけどすごくおかしい。
落語らしいサゲで大好き。


雲助師匠「夏泥」
雲助師匠の夏泥は、泥棒からお金をもらった男が「すまねぇなぁ。ありがとよ~」という繰り返しが音感といいリズムといいたまらなくおかしい。
最初から最後まで一つの流れができていて、聞いていて一度も落語の世界が途切れることがない安心感。
楽しかった。


白酒師匠「笠碁」
白酒師匠の「笠碁」は二回目。
おじいさん同士がまだ少し若々しくて意地の張り合いにも元気がある(笑)。
笠をかぶってみると身体が収まりきれてないというのも白酒師匠独自でたまらなくおかしい。
「ざる!」「へぼ!」の言い合いも激しいのに、「だったらこれから勝負するか?」と言って入ってくるともう嬉しくて嬉しくて…その気持ちが溢れているのがいいなぁ。
すごく白酒師匠らしい「笠碁」。よかった~。