りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

きっちゅ亭

5/7(火)、紀伊国屋ホールで行われた「きっちゅ亭」に行ってきた。

松尾貴史 ご挨拶
玉川太福豆腐屋ジョニー」
・ナオユキ スタンドアップコメディ
~仲入り~
坂本頼光「喧嘩安兵衛」「サザザさん 6」
松尾貴史 物まねで朗読

太福さん「豆腐屋ジョニー」
「自信をもって言えることは、間違いなく今日この後に出てくる人たちのなかで…私が一番…まともです」。
これだけ多才で強烈な個性の人たちの中でどうしたら自分が爪痕を残せるか…。浪曲というのは落語や講談、お芝居…いろんなものが浪曲になります。
私はこの間まで映画「男はつらいよ」、これを浪曲にしたものを連続でかけていました。
で、今日は…落語で新作を作られている…白鳥師匠作の新作を浪曲にしたものを…。

そんなまくらから「豆腐屋ジョニー」。
確かにこれは初めて浪曲を聞く人にはいいかもしれない。私はこの間ノラやで聞いたところだったけれど、初めての人はほんとにあっけにとられツボにはまり大喜び!という反応。
また聞かせどころのところでおもわず拍手をすると、「いいですね。こういう時に2種類の方がおられます。思わず拍手をする人。拍手をする人を見守る人。でもみなさんせっかくですから、拍手しましょう。私、もう一度やりますから!」
二回目は拍手もぐっと増え…すごい一体感。
すばらしい!
太福さん、おそらく落語の会や講談の会なんかにゲストで呼ばれることも多いのだろう。こういう時にどうやったらお客さんをぐっと惹きつけられるか、ちゃんとわかってる!って感じがした。
かっこよかったー。

ナオユキさん スタンドアップコメディ
紀伊国屋ホールにナオユキさんって斬新!でもいつも通りのナオユキさんが素敵。
テッパンの酔っ払いの人たち。
笑ったのがあきらか歯のないおじいちゃん。ほんとにナオユキさんがおじいちゃんにしか見えないんだけど、すごいかわいい。そのおじいちゃんが「一人で飲みたいねん」「誰とも話したくない」言いながらいろいろ話しかけてくる感じとか、そのおじいちゃんが変な口まねみたいのをするのがツボで大爆笑。楽しかった!

坂本頼光さん「喧嘩安兵衛」「サザザさん 6」
ちゃんとした活弁と最高に笑える活弁と。両方もってるの、強みだよなぁ。
そして私が初めて見た頼光さんは「サザザさん 6」だったな、と思い出す。あれでハートを射抜かれたから、おそらくこの会でもハートを射抜かれた人が大勢いたのではないか、と思った。


松尾貴史さん 物まねで朗読
出始めたころ、頭のいい小賢しい器用な人、という印象があったんだけど、それは今も変わらず。きっちゅは今も変わらずきっちなんだな、と思ったな。