りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

ブエナ寄席(AIR DO寄席 収録の会)

11/7(水)、アートスペースBAR ブエナで行われた「ブエナ寄席(AIR DO寄席 収録の会)」に行ってきた。

・柏枝「寄合酒」
・柏枝「金婚旅行」
宮田陽・昇 漫才
~仲入り~
・柏枝「夢金」


Air Do寄席ということで収録ありの落語会。
そして師匠が自分のお客様にお声がけされたということで、常連さんが多かったみたい(見たところ、男性のお客様が多かった)。
私はお客様じゃないけど大丈夫でしょうか。ドキドキ。


柏枝師匠「寄合酒」
今日は録音ということなので、私のお客様にはおなじみの噺になってしまいますがご容赦を、と言いながら、これは最近やるようになってまだ実験段階、とのこと。
これがとても面白い「寄合酒」で。柏枝師匠味(!)がとても強くて、たまらなく面白い。
言葉で説明するのが難しいんだけど、もうとにかくおかしくて大笑い。
面白かった!


柏枝師匠「金婚旅行」
おなじみの噺ということだったけど、私は聞いたことなかったかな、柏枝師匠で。
仲居さんに対する紳士的できちんとした態度と、仲居さんが出て行ってから奥さんに「新婚時代を思い出して裸で過ごそう」と言い出すところのギャップがたまらない。
素っ裸で二階から落ちて、でも平然としている旦那と、ポーカーフェイスで変なことを言う柏枝師匠が重なって、たまらなくおかしい。
これが機内で流れるのかな?ばかだー(笑)。
そして放送を意識して、カフェブエナの名前を連呼する師匠がおかしすぎる。笑った笑った。


宮田陽・昇先生 漫才
オールテッパン。わかっているのに大笑いしてしまう。楽しい!


柏枝師匠「夢金」
ここまででとても時間が長くなってしまったと謝りながら「夢金」。
これが本当に素晴らしく良かった。
強欲で金を欲しがる船頭だけど、軽くて明るくてひたすらバカバカしい。
金儲けと聞いて飛びつくも、女を殺すと聞くと「そういうことはしたくねぇ」ときっぱり。
それじゃお前にも死んでもらうしかないと聞いて「それじゃやるよ」ということになるんだけど、山分けじゃなきゃ!と、ぶるぶる震えながらもしっかり値段交渉。

侍を中州に残して漕ぎだすところが実に気持ちが良くてすかーっとする。
強欲な船頭がとても気持ちのいい人物になっていて、素敵だった!