りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

第5回・落語ぬう 圓丈・小ゑん・きく麿 真夏の夜の三人会

8/18(土)、お江戸日本橋亭で行われた「第5回・落語ぬう 圓丈・小ゑん・きく麿 真夏の夜の三人会」に行ってきた。

・あおもり「コンゴの母」
・めぐろ「ドロンパ
・きく麿「スナックヒヤシンス」
~仲入り~
・小ゑん「長い夜 改Ⅱ」
・圓丈「肥辰一代記」

あおもりさん「コンゴの母」
あおもりさんの新作、初めてかも。
よく当たると評判のコンゴ人の占い師「コンゴの母」とその通訳がテレビ番組に出演するという内容。
めちゃくちゃだけど妙に「らしい」コンゴ語と徐々にほころんでくるインタビュー内容がおかしい。ちゃんと面白い。

めぐろさん「ドロンパ
なんですか、あおもりのあの新作は。面白いじゃないですか。やりづれぇ。おれ、よくできる前座ってほんと嫌い!と毒。
1人暮らしのアパートで隣に住むバンドマンと仲良くなり、自分の彼女と3人で遊ぶようになり、そのうち彼女が自分抜きでバンドマンと遊ぶようになり、フラれてしまった、と。
元カノが平気で隣に遊びに来るようになったというのもすごいな、薄い壁ごしに会話も丸聞こえで、お醤油を仮にバンドマンが部屋を訪ねてきて「貸してもらえる?」「醤油だろ」って…主語がなくてもお互いに通じるって…すぎょい…。
そんなまくらから「ドロンパ」。
彼氏があけみという女と浮気をしていることがわかった、と友だちに伝えると、その友だちがヘンテコリンなリアクション。このヘンテリンさがなんか急になまったり妙な動きをしたり…すごくばかばかしくておかしい。
それでも自分は今回の浮気は許そうと思ってる、だって私と彼氏はもう3年付き合ってるんだし、あけみなんて多分徹がどこかで軽くナンパしただけだろうし…。友だちにそう告げて彼氏の家を訪ねると妙に慌てている。どうやらあけみが家にいるらしいのだが、出てきたあけみがはんなりとした京美人。しかも浮気どころかもう何年もの付き合いだと。
自分と彼氏のなれそめを語って二人の間にどれだけ強い結びつきがあるかを熱弁してると、「これでも召し上がれ」といきなりお茶漬けを出してくるあけみ。「お茶漬け…帰れってこと?!」
…ふわっとしためぐろさんにぴったりな新作。面白かった。


きく麿師匠「スナックヒヤシンス」
競艇場で落語をやるという仕事に行ってきたというきく麿師匠。
当然お客さんはレースにしか興味がないから全然噺を聞いてくれない…どころかその場所に長い時間留まっていてくれない。
で、せっかくこういう場所に来たのだから自分も賭けてみるかと係の人に教えてもらいながらやってみたらビギナーズラックで当たってしまった!もうそれからはドキドキしちゃって落語どころじゃない!

…ぶわははは。すごーい!
ビギナーズラックとはいうけれどほんとに初めてやって大当たりしたらやみつきになりそう~。

それからこの間のテイトで言っていた「臨場」のまくら。
今回は日中やってるオーガニックな?番組の話がすごいおかしかった。「ビスコッティを作ろう~とおもいますぅ」と言ってビスコッティを作ってモグモグ食べるんだけど、見てるとなんかこうムキーーーーっとなってきて「おれのとは違うなぁ!!」って言いたくなるっていう。
わかるようなわからないような…気になる!
そんなまくらから「スナックヒヤシンス」。
テッパンだね!なんたって「ぬう」だもんね。筋金入りの古参の新作ファンが集まってる(というイメージ)から、ここはもうテッパンでどかん!とやらないとね!
すごいウケてて「よっしゃ」とガッツポーズする私は何なんだ。わははは。
個人的には「ビビクリマンボ2018」のフレーズに笑った笑った。ここに出てくるママとチーママ、最高~。


小ゑん師匠「長い夜 改Ⅱ」
たっぷりバージョンの「長い夜 改Ⅱ」。
スタバの言い立てに、ラップ勝負。攻めてる~!
課長が「わらわら」で係長にせこく奢るエピソードと、お誕生日にファミレスに行く江戸っ子ファミリーが好き。楽しかった。


圓丈師匠「肥辰一代記」
寄席で見るとなんか怖いイメージが強いんだけど、トークの時とか見るとそんなに怖くない?印象。
肥を担ぐ人たちの英雄伝。大真面目に語ってるけど、ものすごいばばちい噺で笑った笑った。釈台に台本置いて時々それを読みながら…なのが「講釈」っぽくて、でも内容はスカトロなのがくだらなくてすごくおかしかった。
圓丈師匠、前は苦手だったけどだんだん好きになったきたぞ。