りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

なみのひとなみのいとなみ

 

なみのひとなみのいとなみ (幻冬舎文庫)
 

★★★

好きなことだけして生きていきたい。それなのに、営業に行けば相手にされず、ジョギングすれば小学生に抜かれ、もらった車は交差点で立ち往生…。この不本意な毎日は、いったい誰の陰謀であろうか。後ろ向きだけど楽天的。なまけ者なのに心配性。空回りの日々も、がんばらない自分も、なぜか愛おしく思えてくる!日常爆笑エッセイ。

 サラリーマンをしていた時のエッセイが面白い。
会社というのが、その仕事自体が好きではないけどやたらとがむしゃらに頑張る人で成り立っていることに驚く作者に共感。そういう献身に支えられてるんだよなぁ、会社って。

好きなことじゃないから頑張れない、常に腰が引けてる状態の自分がどうにも嫌になってそこから飛び出した勇気、素晴らしいと思う。
でも全体的に今の私の気分にはミスマッチだったかな。読み飛ばした部分も。