りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

国立演芸場3月上席

3/3(土)、国立演芸場3月上席に行ってきた。

・ぐんま「転失気」
・圭花「狸鯉」
・小せん「金明竹
・めおと楽団ジキジキ 音曲漫才
・歌奴「匙加減」
・藤兵衛「そば清」
~仲入り~
・ホームラン 漫才
・左龍「鹿政談」
・ダーク広和 マジック
・南喬「天狗裁き


小せん師匠「金明竹
小せん師匠って穏やかで落ち着いていて機嫌がよくていいなぁ…。とてもきれい。そしてとても楽しそう。
言い立ての抑揚も気持ちよかった。


歌奴師匠「匙加減」
面白かった。この師匠にこの噺がとても合ってる。
また入れてくるギャグがこの日のお客さんにぴったりでドカンドカンウケてたなぁ。


藤兵衛師匠「そば清」
清兵衛さんがしゃべりながらおそばを食べてるところ、しゃべってるのと食べてる音が同時に聞こえてくる不思議。またこの音がいいんだ。下品じゃなくておいしそう。
テンポがよくてメリハリがあるけどいやらしさが一切ない、すごく気持ちのいい落語。
うわーーーいいな、この師匠も。や、やばい。またはまりそうな…。


南喬師匠「天狗裁き
左龍師匠が「鹿政談」をやって、「あれ?匙加減と付かないのかな」とちょっともやっとしたんだけど、トリの南喬師匠の「天狗裁き」で、今日は御奉行様大忙しDAYに決定(笑)!

いやもう楽しい。この噺って若手がやると誰がやってもあんまり面白くないんだけど、なんでこんなに面白いの?!と驚くほど、最初から最後までぴたっと面白い。
繰り返しの面白さ。でもそれがくどくなくてリズミカルに楽しい。
くまさんのほとほと弱っちゃってる様子が実に楽しくて笑い通し。

南喬師匠の喋り方…抑揚のつけ方がものすごく好きだ。楽しかった!