りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

夜の谷を行く

 

夜の谷を行く

夜の谷を行く

 

 ★★★★

 連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から四十年余。
その直前、山岳地帯で行なわれた「総括」と称する内部メンバー同士での批判により、12名がリンチで死亡した。
西田啓子は「総括」から逃げ出してきた一人だった。
親戚からはつまはじきにされ、両親は早くに亡くなり、いまはスポーツジムに通いながら、一人で細々と暮している。かろうじて妹の和子と、その娘・佳絵と交流はあるが、佳絵には過去を告げていない。
そんな中、元連合赤軍のメンバー・熊谷千代治から突然連絡がくる。時を同じくして、元連合赤軍最高幹部の永田洋子死刑囚が死亡したとニュースが流れる。
過去と決別したはずだった啓子だが、佳絵の結婚を機に逮捕されたことを告げ、関係がぎくしゃくし始める。さらには、結婚式をする予定のサイパンに、過去に起こした罪で逮捕される可能性があり、行けないことが発覚する。過去の恋人・久間伸郎や、連合赤軍について調べているライター・古市洋造から連絡があり、敬子は過去と直面せずにはいられなくなる。
いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。啓子は何を思い、何と戦っていたのか。
桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。

 閉じられた世界での集団心理の恐ろしさ。主人公の啓子は確かに身勝手なところがあるけれど、同じ立場に立ったとき彼女のようにはならないと言い切ることができない。
自分が属する集団で悪目立ちせず平和に過ごしたいと思わない日本人は少ないのではないか。

センセーショナルな事件を扱いながらも描かれるのはごく普通の人間の生活。普通なだけにこわい。
信じられないような経験をしてそれでもどうにか生き延びたとしても、その先にあるのは孤独なのか…。