りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

意識のリボン

 

 

意識のリボン

意識のリボン

 

 ★★★★

少女も、妻も、母親も。女たちは、このままならない世界で、手をつなぎ、ひたむきに生きている。恋をして、結婚し、命を授かった―。人生の扉をひらく、綿矢りさの最新短編集。

面白かった。なんか綿矢さん芸風(笑)変わった?
以前の痛々しさがなくなってちょっと達観したような…俯瞰してみているような印象を受けた。

30女の本音のようなものがにじみ出ていて「綿矢さんってそうだったのか」と思いつつ、作中にあった「作家が書くと全て本人そのものと思われてしまう」に「あ、そうだった。これはフィクションなんだから綿矢さん自身の事を書いているわけじゃないよね」と思い直してみたり。それでもなんかこう「生身」な感じは相変わらずで、自分の心の動きを丹念に見つめて丁寧に綴られていてそこがとても好きだな、と感じた。