りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

曾根崎心中

 

曾根崎心中

曾根崎心中

 

 ★★★★★

著者初の時代小説
300年の時を超え、究極の恋物語がふたたび始まる。

============
愛し方も死に方も、自分で決める。

ーー
江戸時代、元禄期の大坂で実際に起きた、醤油屋の手代・徳兵衛と、
堂島新地の遊女・初の心中事件をもとに書かれた、
人形浄瑠璃の古典演目『曾根崎心中』の小説化に、角田光代が挑みました。

原作の世界を踏襲しながら、初の心情に重きを置き、
運命の恋に出会う女の高揚、苦しみ、切迫、その他すべての感情を、
細やかな心理描写で描ききり、新たな物語として昇華させました。

運命の恋をまっとうする男女の生きざまは、
時代を超えて、美しく残酷に、立ち上がる―
この物語は、いまふたたび、わたしたちの心を掻きたてます。

とても面白かった。

お初と徳兵衛の置かれた状況が短い文章からも伝わってくるので、今見ると短絡的に思える二人の心中にも納得がいく。
とてもシンプルなストーリーなのに、お初の心情がとてもリアルで哀れにも思ったし、あっぱれとも思った。

どこまでが原作通りでどこからが角田光代の味付けなのか気になる。
原作にも挑戦してみようか。なんていう気になったぞ。