りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

私をくいとめて

 

私をくいとめて

私をくいとめて

 

 ★★★★

黒田みつ子、もうすぐ33歳。一人で生きていくことに、なんの抵抗もない。だって、私の脳内には、完璧な答えを教えてくれる「A」がいるんだから。私やっぱり、あの人のこと好きなのかな。でも、いつもと違う行動をして、何かが決定的に変わってしまうのがこわいんだ―。感情が揺れ動かないように、「おひとりさま」を満喫する、みつ子の圧倒的な日常に、共感必至!同世代の気持ちを描き続けてきた、綿矢りさの真骨頂。初の新聞連載。  

え?これが綿矢さん?と戸惑うほど、いつものピリピリと張りつめたような緊張感がなく、かわりにゆったりしたユーモアで満ちている。

逼迫したタイトルと裏腹に、どこにでもいるような「おひとりさま」のアラサー女子の日常。
唯一おや?と思うのは、彼女が脳内で話しかけるAという名をつけたもう一人の自分の生々しさ。それだってそれほど異常なことではないように思えるのだが、でももう一人の自分とは思えないほど客観的だったりかけてくることばが的確だったりするのがちょっと面白い。面白いのと同時にちょっと怖くもある。

居心地のよい自分の安全な領域を飛び出す主人公にエールを送りつつ、でもこれから先(アラサーの先)の人生の方がますますしんどくなるわけで、またAが必要になるかもね、とも思う。

酷評も多いようだけど、私は好きだったな、この作品。