読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

忘却の河

 

忘却の河 (新潮文庫)

忘却の河 (新潮文庫)

 

 ★★★★★

「忘却」。それは「死」と「眠り」の姉妹。また、冥府の河の名前で、死者はこの水を飲んで現世の記憶を忘れるという―。過去の事件に深くとらわれる中年男、彼の長女、次女、病床にある妻、若い男、それぞれの独白。愛の挫折とその不在に悩み、孤独な魂を抱えて救いを希求する彼らの葛藤を描いて、『草の花』とともに読み継がれてきた傑作長編。池澤夏樹氏の解説エッセイを収録。  

 初めて読んだ福永作品。
父から始まって、二人の娘、母親、長女が淡い想いを寄せた男の独白が各章で語られる。

皆それぞれに愛されたい満たされたいと思いながらも、自分の胸のうちを明かすこともできず心を通わせることができず、孤独に生きている。

愛の欠損に苦しんだ妻が抱えていた秘密を知った夫が「自分が愛してあげられなかった妻が、誰かを愛し愛されたことがあって良かった」と慰めを感じるところに、読んでいる私も救いを感じた。

最終章が本当に素晴らしくて、宗教的なことは分からないけれど、大罪を犯したものもみな最後は救われるのだと思った。素晴らしかった。