りつこの読書と落語メモ

はてなダイアリーからブログに移行しました。

末廣亭3月中席夜の部

3/15(火)、末廣亭3月中席夜の部に行ってきた。

・今松「壺算」
・小満ん「悋気の火の玉」
〜仲入り〜
・丈二「レンタル ヒデオ」
・紋之助 曲独楽
・白鳥 漫談
・小ゑん「フィ」
・翁家社中 太神楽
・彦いち「愛宕川(愛宕リバー)」

小満ん師匠「悋気の火の玉」
わーい、小満ん師匠!
おかみさんとお妾さんがお互いに五寸釘で呪い殺しあって残された旦那。おかみさんとお妾さんが火の玉になってまだ恨みをぶつけあってると聞いて、これじゃ世間に顔向けできなくなっちゃうとお坊さんをやってるおじさんと一緒に二人をなだめに出かけるんだけど、最初に現れたお妾さんの火の玉を見て「あーお前さんかい。よく出て来てくれたねぇ」とのんびり言うのがもうなんともいえず色気があって素敵。
説得するより先に「まず煙草の火を貸しておくれ」なんてもう…。
嫉妬の炎で燃え上がるおかみさんの火の玉を見て「おいおいすごいねぇ」っていうのがまた…。
こういうところが小満ん師匠はほんとにたまらない。

丈二師匠「レンタルヒデオ」
おもしろい!
僕の新作癖があるから嫌いな人はほんとに嫌いなんですよと言っていたけど、私は好きだわ。もっと聞いてみたいと思った。

小ゑん師匠「フィ」
楽しい!
初めて聴いた時は気づかなかったけど、最初の会話からところどころに小さく「フィ」って入ってるのが最高!
最初から最後まで笑いっぱなしだった。

彦いち師匠「愛宕川(愛宕リバー)」
一八が自作の縄をぐるんぐるんやるところや銃を撃つところが武闘派らしくて面白かった。